東京ビアガーデン情報館<2018年版>~人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク
PR

落ち着いて飲める銀座の小規模ビアガーデン「GRAN BLANC(グランブラン)」


写真

銀座エリアで「落ち着いて飲めるビアガーデン」と言われたらやはり、銀座一丁目の「GRAN BLANC~GINZA BEER GARDEN」かなと思う。場所は地下鉄銀座一丁目駅からすぐ、山形県アンテナショップが入っている10F建てビルの屋上だ。

●日時 2018年6月8日(金)19:00~
●場所 GRAN BLANC~GINZA BEER GARDEN~

写真

飲食ビルなので、時間帯によっては大混雑するエレベーターだが、2基のうち屋上まで到達するエレベーターは1基のみなので注意が必要だ。

写真

屋上エレベーターホールを出るといきなりビアガーデン。
周囲は木で囲まれており、銀座の夜景が楽しめるなどはないが、隠れ家ビアガーデン的風情もあり大人気の場所だ。

規模が小さいこともあり、騒々しい大集団などはほとんどおらず、基本2~4人くらいの少人数のグループが中心。場所柄もありスマートに飲んでいる人たちが多いので、落ち着いて過ごせる。

写真

フリードリンクセットは2時間セットで4,000円で、それを予約すればフード一品に2時間飲み放題となる。他のフードはすべて一品500円で注文可能。

アラカルト利用の場合は、シートチャージが1,000円/人。
これにドリンク、フードが各一点500円加わる(クラフトビールは1,000円)。

写真

アラカルトの場合、フード1点、ドリンク5杯頼めばシートチャージも含め4,000円となるので、それ以上飲むという場合にはフリードリンクセットにしたほうがいいだろう。逆に「軽く一杯」ということであれば、アラカルトでもいい。

見たところ、フリードリンクセットにしている人が多そうだった。


写真

ドリンクは奥のカウンターに注文に行く。
スタッフも結構いるので、注文して持ってきてもらうことも可能なようだが、アラカルトの場合は都度支払いが必要となる。

写真

広さはこんな感じ。
30人でも貸切れるビアガーデンは少ないので、そんな点でも貴重な空間だ。

写真

この日はひとりでふらり訪れたので、ビールとポテト&枝豆。
ポテトと枝豆をハーフ&ハーフで用意してくれた。

写真

どちらもスパイシーでビールが進む!!!

写真

ふとテーブルの上に置かれたこんなシートが目に留まった。
インスタアップで1ドリンクサービスなんだとか。

聞いてみると・・・

写真

エレベーターホールの壁にある「ビールペイント」前で写真を撮り、それを位置情報&タグ付けしてインスタアップすれば、ドリンク一杯が無料になるのだという。既に会場にいる人たちは利用し終えているのだろうか、全然写真撮っている人はいなかったんだが、500円分が無料になるとなれば、やらないわけにはいかない。

写真

・・・さすがに、一人飲み中のおばさんが自撮りというのは少々恥ずかしかったが、ノリのいいスタッフの方に撮ってもらった。

写真

写真

少人数でも、ゼロ次会・二次会でも、女性同士でもカップルでも、のんびり落ち着いて飲める銀座のビアガーデン。もしインスタキャンペーンをまだやっていたら、恥ずかしがらずに「ビールペイント自撮り」してみてほしい。

「GRAN BLANC~GINZA BEER GARDEN~」の詳細はこちら

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧

タイプ別ビアガーデン一覧

イメージ写真

★お得なクーポンあり

割引・得点・幹事さん優遇などクーポンがあるお得なお店はこちら♪
イメージ写真

new4月オープン!

ひと足先に夏を先取りしちゃおう!実は続々オープン、お得な早割も!
イメージ写真

夜景がきれい!

そびえ立つ高層ビル群を見上げ飲むビールは大都会・東京ならでは!
イメージ写真

食べ飲み放題!

思い切り飲んで好きなだけ食べる!仲間とわいわい楽しくバイキング。
イメージ写真

雨天OKな席あり

梅雨時はいつ雨が降るかわからず幹事どきどき。屋根があれば安心♪
イメージ写真

庭園ビアガーデン

芝生で飲むビールも最高!たまには落ち着いた雰囲気の庭園で。
イメージ写真

ちょっと贅沢気分

都内にいながら旅行気分も味わえる。特別な人と贅沢な夏の夜♪
イメージ写真

個性派ビアガーデン

高尾山から眼下に広がる夜景に乾杯?それとも東京湾の上で?
イメージ写真

軽く一杯&お一人様OK

会社帰りにちょっと立ち寄りたい、一人で気軽に飲める場所も。
イメージ写真

クラフトビールが飲める

今注目のクラフトビール!個性あふれる味を飲み比べて楽しさ倍増。
イメージ写真

ショーを楽しむ

みんなで行くなら生演奏ライブやショーがあるいつもと違う空間。