東京ビアガーデン情報館<2021年版>人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク

飲むほど食べるほどお得な原価ビアガーデン~ジョニーのBBQビアガーデン田町・三田店

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

真っ青な空を見上げていたら、急にビアガーデンに行きたくなった。

・・・なんて時でも当日予約&一人もしくは少人数でビアガーデンに行けるのがオフシーズンのいいところ。夏場には予約満席でなかなか入れないことも多い田町「ジョニーの原価酒場」テラス席も、今ならその日の天気次第で行けちゃう!


●場所:ジョニーのBBQビアガーデン 田町・三田店
●日時:2021年3月18日(木)16:00~19:00

INDEX


JR田町駅・都営三田駅からもすぐ

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

まずは場所。
これはJR田町駅の三田口から国道15号(第一京浜)に延びる連絡通路の一角から撮ったもの。

写真中央の「King of Beef!!」と赤字で書かれた二階建ての建物のすぐ上が、ビアガーデン営業中の「ジョニーの原価酒場」テラス席だ。

すぐ真下に都営三田線の三田駅があるので、JRからでも都営三田線からでも徒歩1~2分と近い。ただ入り口は裏通りなので、そこだけ注意が必要だ。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

初訪問時にはちょっと驚いたものだが、板が敷き詰められ煉瓦壁面のテラスは意外にもシックなお洒落空間。大通りに面しており、かつ向かい側の高層ビルが現在建て替え中のため、空も広くて開放感もある。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

16時台に訪れたこともあり、誰もおらず貸切状態。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

ちなみに店内はこんな感じ。
夕方以降は混みあうというほどではないが、そこそこお客さんも入っていた。この情勢下ですごいことだ。



入場料1,500円払えば飲食は"原価"

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

テラス席のビアガーデン利用の場合、BBQコースの他、原価バーと同じシステムでアラカルト注文することもできる。今回ご一緒する方が初めてだったので、後者でいろいろ"原価"注文する楽しさを体験してみようということになった。

入場料は1人1,500円。
その分だけがお店の収益となり、食べ物・飲み物はすべて原価となる。

上の写真をクリックして、メニューを見てみてほしい。
一品料理は、枝豆が65円、たこわさが165円、そして名物のこぼれいくら丼が999円にローストビーフが985円。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

さらに必食の美味しさの「もつ煮」は195円、こちらも絶対に食べておくべきポテトサラダは199円だ。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

そして原価バーがお得になるのはやはり「たくさん飲む人」だと思うのだが・・・

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

、アサヒスーパードライは

「150円」!!!

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

さらにブラックニッカハイボールは

「60円」!!!

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

その他、焼酎もあれば日本酒も多種用意されている。
原価バーというシステムから考えたら、別にドリンク種類増やして注文が増えたって売上には影響ないんだけど、それでもこれだけ用意されているのはすごいことだ。



少額&小皿料理だから多種注文可能

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

そんなわけでまずは原価150円の生ビールから。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

急なお誘いにもかかわらず夕方からの飲みに来てくれたのは、職場が近くというKさん。ビール大好き人だ。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

前回食べておいしかった売れ筋ナンバーワン「ジョニーのもつ煮」と・・・

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

甘みもあるほくほくじゃがいものポテトサラダは1人1皿ずつで。

基本小皿料理なので、2人でも多種頼めるのがうれしい。
ここならおひとり様でもかなりの品数注文できるはずだ。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

ちょっと空腹だったのでとKさんが頼んだ唐揚げ丼。
313円とは思えないサイズに驚きまくっていた。

「原価」に頭が馴染んでいないと、注文した料理が届くたびサプライズとなる。唐揚げを一個いただいたが、かかっているたれも美味しかった。

原価バーというシステムだけが目立つが、それ以上にここは「料理がどれも美味しい」のが大きな魅力だと思う。

店長さんもとっても明るくフレンドリーで楽しませてくれた。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

今回は、ここに行きつく前に満腹になってしまったが、ローストビーフが人気とのこと。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

さらに冬季限定メニューなので3月いっぱいで終わっている可能性あるが、もつ鍋は1人前350円で、明太子や〆のちゃんぽんの追加もできる。テラス席で鍋なんてのもよかったなあと。



〆にアイス<105円>&紅茶<45円>も♪

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

16時から飲み始めた我々だが、17時過ぎると陽も傾き始め、看板のライトアップも始まった。テラス席は全く密ではなく換気も抜群だ。もちろん混んでいない時なら一人飲みだって楽しめるだろう。

こんな素敵な空間で美味しいお料理もいただけるのにガラガラなのはもったいないし残念だ。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

テラスの柵から通りを見下ろすと、近隣の会社からの帰宅者の流れができていた。

そろそろ最後の〆にいくか。
実は来た時から「これを頼もう」と決めていたものがある。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

紅茶アイスだ。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

原価で105円。
そういうシステムだとわかっていても安いとハッピー気分が増し、美味しさも倍増。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

ついでにジャスミン茶も。
原価で45円。

写真:BBQビアガーデン&ジョニーの原価酒場 田町三田店

私たちが帰る直前に別のグループがやってきて、テラス席の一番角で飲み始めた。
夜はこんな感じのちょっとムーディーな空間になる。

気になるお会計だが、入場料1,500円+飲食代1,300円で2,800円。
かなり飲んだ気がするのにこれだけ。本当に安い。

他にBBQ+2時間飲み放題で3,980円・4,980円のプランや、持ち込みBBQで1人1時間770円も可能。

東京23区内でしばらくは様々な規制も受けると思うので、公式サイトなどで営業時間をチェックして電話予約してから行ったほうが安全だ。

「ジョニーのBBQビアガーデン 田町・三田店」の詳細はこちら


執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧

タイプ別ビアガーデン一覧

イメージ写真

new営業中&近日開始

屋外だから気持ちい!季節先取りの「春ビアガーデン」を楽しもう
イメージ写真

new持ち込みOK

BBQ場や屋上に食材&ドリンクを持ち込んでのんびり外で過ごそう
イメージ写真

夜景がきれい!

そびえ立つ高層ビル群を見上げ飲むビールは大都会・東京ならでは!
イメージ写真

食べ飲み放題!

思い切り飲んで好きなだけ食べる!仲間とわいわい楽しくバイキング。
イメージ写真

雨天OKな席あり

梅雨時はいつ雨が降るかわからず幹事どきどき。屋根があれば安心♪
イメージ写真

庭園ビアガーデン

芝生で飲むビールも最高!たまには落ち着いた雰囲気の庭園で。
イメージ写真

ちょっと贅沢気分

都内にいながら旅行気分も味わえる。特別な人と贅沢な夏の夜♪
イメージ写真

個性派ビアガーデン

高尾山から眼下に広がる夜景に乾杯?それとも東京湾の上で?
イメージ写真

軽く一杯&お一人様OK

会社帰りにちょっと立ち寄りたい、一人で気軽に飲める場所も。
イメージ写真

クラフトビールが飲める

今注目のクラフトビール!個性あふれる味を飲み比べて楽しさ倍増。
イメージ写真

ショーを楽しむ

みんなで行くなら生演奏ライブやショーがあるいつもと違う空間。
イメージ写真

お得なクーポン

割引や特典など、お得なクーポンを配布しているビアガーデンです。