東京ビアガーデン情報館<2022年版>人気の都内ビアガーデン・ビアテラスを探そう!

Facebook Twitter はてなブックマーク

雨でも持込みBBQで大盛り上がり!「ジョニーの原価酒場 田町・三田店」

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

原価酒場としてメディアでも取り上げられる「ジョニーの原価酒場 田町・三田店」では、広いテラス席でのBBQが人気とのこと。今回ビールラブな仲間たちと、持込BBQで盛り上がってきたのでレポートしたい。

●場所:ジョニーの原価酒場 田町・三田店
●日時:2022年6月21日(月)19:00~21:30

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

テラス席ではBBQが楽しめ、持込BBQの場合は1人1時間770円を支払えば、コンロやグラス・お皿などを自由に使える他、氷と炭酸水も無料で提供される(カセットボンベは持込もしくは1本220円で購入)。

ただし、いわゆるBBQ場と違い野菜や肉をカットする炊事場はなく、まな板・包丁の貸し出しもないので、食材は基本カット済のものを持ち込む必要がある。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

今回は野菜とキノコ類は私がまとめて購入し、自宅ですべてカットしてビニール袋に入れて持ち込んだ。時短のため、玉ねぎ・ナス・ピーマン・ズッキーニはそれぞれカットした後、電子レンジで5~8分程加熱した。

ちなみに私は店舗への持込BBQは初体験。
人数も6~8名で直前まで確定していなかったため、「材料費は一人1500円」とし、調達する食材の目安をこう仮設定した(実際には省略したものもあり)。

<お通し>

・冷凍枝豆(1人100g)
・キャベツ&塩昆布、ゴマ油あえ(6人でキャベツ1/3個・塩昆布1袋)

<野菜・キノコ類>
・ピーマン(1人1個/縦4分割)
・玉ねぎ(1人1/2個/輪切り)
・ナス(1人1/2個/1㎝縦スライス)
・アボカド(1人1/2個/縦半分)
・皮つきそら豆(1人1本/皮ごと焼く)
・ズッキーニ(1人1/4本/2センチ輪切り)
・ニンニク(1人1/3個/ホイル蒸し焼き)
・しいたけ(1人1個)
・エリンギ(1人1/2個/縦半分)
・レモン(1人1/2個/縦4分割)
<肉>
・鶏・豚・牛(1人300g前後/塊肉も)
・ウインナー(1人2本)
・焼肉のたれ(6~8人で1本)
・塩・胡椒・その他スパイス

<〆>
・冷凍焼きおにぎり(1人2個)/or薄いピザ
・カットフルーツ

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

そして肉類はJR田町駅芝浦側にある「LIFEムスブ田町店」で購入。私が電車乗り遅れたため、別の参加者にお願いしたのだが、これがもう「完璧」といっていいラインナップだった。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

〆の炭水化物には焼きおにぎりを。
一般的なBBQだと焼きそばなどを作ることも多いが、時間が限られた持込BBQの時にはこのほうがいい。

冷凍の焼きおにぎりや枝豆は、移動中の肉の保冷剤にもなる。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

店内はこんな感じ。
19時半すぎには満席になっていた。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

私たちは屋外のテラス席。
この日はあいにくの雨だったが、大型でしっかりしたテントが設置されているので全く問題なし。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

買い物が早くに終わったため到着はちょっと早目になった。
まだメンバーは揃っていなかったので、食材だけテーブルの上に並べ・・・

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

「とりあえず乾杯!」

・・・とやってしまったのが小さなミスだった。
場所貸しなので、飲食開始したらもう時間カウントが始まってしまうとお店の人から告げられた。そりゃそうだ。

仕方ないので、30分だけ延長することに(その原資にMさんから提供してもらったビール券を使わせてもらいました)。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

グラスを頼むと、キンキンに冷えたジョッキが運ばれてきた。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

メンバー全員が揃い、BBQもスタート。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

今回ドリンクは各自が飲みたいものを持ってくるシステムに。
いいちこをパック購入してきた人もいれば・・・

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

「炭酸水は使い放題なのよね」と、炭酸水で割れば10杯分作れるレモンサワーの素を持参した人も。賢い!

さらに沖縄旅行帰りの人が泡盛を持ってきてくれるなど、バリエーションも豊かで楽しい。持込ならではの楽しさだ。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店
新橋酔式氏撮影

今回は新型コロナ下での居酒屋情報源としてバズりまくっていた「新橋酔式の泥酔ブログ(せんべろ居酒屋探訪)」の新橋酔式氏も参加してくれた。

流石な写真をたくさん撮ってくれたので、ここからは新橋酔式氏の写真で紹介したい。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店
新橋酔式氏撮影

カットした野菜を電子レンジ加熱してきたのは正解だった。ナスや玉ねぎも、軽く焼くだけでもう食べられるので、時間も短縮できたし、表面乾燥しすぎることもなく美味しくいただけた。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

BBQ慣れした女性の見事なトングさばきで、グリルの上は常に絶妙の焼き具合。BBQというよりジンギスカンのよう。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店
新橋酔式氏撮影

肉調達で非常によかったのが、この「アンガスビーフ生ハラミの塊」。グリルで焼くにはちょうどよい塊度だった。斜めに乗せて・・・

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店
新橋酔式氏撮影

ひっくり返して・・・

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

誰かが持参してくれたフルーツナイフでカット。
ちょっとだけ焦がしてしまったが、赤みのお肉は中までとっても柔らかく、9人でちょうどいい量だった。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

ちなみにテントはこんな感じ。
サイドも透明ビニールを下げることができるので、大雨でも大丈夫そう。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

30人くらいは雨でもテント下で大丈夫とのことなので、会社の暑気払いや懇親会などを屋外席で企画したいというニーズがあれば、ここも候補に入れていいと思う。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

肉も野菜も、見事なまでに食べ切ってすっきり!
持込BBQも悪くないなあ。

会場費が2時間で1人1540円だったので、それに食材費を加え1人3000円。あとは各自持ち込んだドリンクが500~1000円くらいだったので、4000円は越えない金額で楽しめた。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

ゴミや空き缶なども全員でさっくりとまとめ、撤収作業もスムーズ。ゴミはすべてお店に置いてこれるのも楽だ。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

今回は雨天で利用されていなかったが、テラス席の一番奥にはこんなテーブル席もある。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

これはコイン式のビールサーバ。
今回は持込BBQプランなので使わなかったが、原価酒場として入店料を支払って利用する場合には、一杯200円で生ビールが飲める。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店

愉快なメンバーとご一緒でき、本当に楽しかったです。

写真:ジョニーの原価酒場 田町・三田店
新橋酔式氏撮影

ちなみに今回、サイト名をプリントしたタペストリーを作りました。
今後ビアガーデンオフ会を主催する際には、このタペストリーを持参します。見かけたらお声がけください。

「ジョニーの原価酒場 田町・三田店」詳細はこちら

執筆者:東京ビアガーデン情報館管理人 和田

エリア別一覧

タイプ別一覧

エリア別ビアガーデン一覧

タイプ別ビアガーデン一覧

イメージ写真

new営業中&近日開始

屋外だから気持ちいい!季節先取り「春ビアガーデン」を楽しもう
イメージ写真

new持ち込みOK

BBQ場や屋上に食材&ドリンクを持ち込んでのんびり外で過ごそう
イメージ写真

夜景がきれい!

そびえ立つ高層ビル群を見上げ飲むビールは大都会・東京ならでは!
イメージ写真

食べ飲み放題!

思い切り飲んで好きなだけ食べる!仲間とわいわい楽しくバイキング。
イメージ写真

雨天OKな席あり

梅雨時はいつ雨が降るかわからず幹事どきどき。屋根があれば安心♪
イメージ写真

庭園ビアガーデン

芝生で飲むビールも最高!たまには落ち着いた雰囲気の庭園で。
イメージ写真

ちょっと贅沢気分

都内にいながら旅行気分も味わえる。特別な人と贅沢な夏の夜♪
イメージ写真

個性派ビアガーデン

高尾山から眼下に広がる夜景に乾杯?それとも東京湾の上で?
イメージ写真

軽く一杯&お一人様OK

会社帰りにちょっと立ち寄りたい、一人で気軽に飲める場所も。
イメージ写真

クラフトビールが飲める

今注目のクラフトビール!個性あふれる味を飲み比べて楽しさ倍増。
イメージ写真

ショーを楽しむ

みんなで行くなら生演奏ライブやショーがあるいつもと違う空間。
イメージ写真

お得なクーポン

割引や特典など、お得なクーポンを配布しているビアガーデンです。